MENU CLOSE

特集企画連動レシピ 岩中豚バラ肉の生姜味噌漬け焼き

【シェフズトーク】
店で提供している岩手県産の銘柄豚肉「岩中豚」と、「糀屋三郎右衛門」の味噌とのコラボレシピを考案しました。使用する味噌は、「糀屋三郎右衛門」の商品の中でも発酵期間の短い「すずしろの里」をチョイス。この味噌の一番の特徴である“フレッシュさ”を引き立たせ、暑い季節でもさっぱりと食べやすいよう仕上げています。ピリリとした生姜との相性も抜群です! 肉の漬け込みにさえ時間をかければ、調理自体は焼くだけと、とても簡単。作り置きメニューとしてもおすすめです。(『29gatsun』店長 藤原裕士)


【材料】
材料(一人分)

豚バラ肉(厚切り) 200g
生姜味噌
 味噌(糀屋三郎右衛門『すずしろの里(つぶタイプ)』) 200g
 砂糖 40g
 酒 40g
 みりん 40g
 生姜すりおろし 40g
ネギ 1本
ねりからし 5g(※お好みに合わせて調整してください)
オリーブオイル 小さじ1
水 小さじ1

【つくり方】
★豚バラ肉は、2日間じっくり漬けます。
まずは漬けダレの準備から。ボウルに、生姜味噌をつくるための調味料を全て入れ、砂糖が溶けるまでしっかりと混ぜる。

バットなどの平たい容器に①を流し入れたら、そこに豚バラ肉を乗せてよく馴染ませる。ラップをして冷蔵庫に入れ、2日間ほど漬けておく。

②の肉を取り出す。焦げを防ぐため、肉に付いた味噌をよく取り除き、油切り用の網を敷いたバット(バットは、オーブン対応可のものを。グリル板でもOK)に移す。

③を180℃のオーブンで11、12分、こんがりと焼く。
※フライパンで焼く場合は、少量の油をひき、弱火でじっくり焼いてください。味噌をできるだけ焦がさないことがポイントです。

付け合わせの調理。ネギを斜め切りにし、少量の油をひいたフライパンで、焦げ目が少し付くぐらい焼く。

小さな器にねりからし、オリーブオイル、水を入れ、滑らかになるまで混ぜる。

④が焼き上がったらオーブンから取り出し、食べやすいサイズにカットして皿に並べる。⑤、⑥を添えて完成。

デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram