MENU CLOSE

第10回「むくみ」

国際薬膳調理師、フレンチ薬膳主宰の坂井美穂です。

地域差もありますが、一般的に日本は湿気の多い国。特に梅雨から夏場にかけてのジメジメとした蒸し暑さは、「不快指数」という言葉で表されるくらいですから、苦手な方も多いことでしょう。単に不快なだけではなく、実際に湿度の高いこの季節には、体のむくみや、重だるさ、さらには頭痛といった体の不調を訴える方が増えてきます。今回はこの時期に多くみられる「むくみ」の原因と、それぞれに合った食材をご紹介しましょう。

中医学では、体を3つのパート(上・中・下)に分けて考えます。むくみの場合、上:「肺」、中:「脾」(消化吸収を預かるところ)、下「腎」の部分を見ていきます。

上:「肺」が原因でむくむ
「肺」には、呼吸をすることで、体の中の水分をスプリンクラーのように上げ下げする役割があります。「肺」が弱ると、水分代謝が悪くなってしまうため、顔やまぶたなど、上半身がむくみやすくなります。このとき、上に発散させる「辛味」と、下にさげる「苦味」のある食材をあわせて使うと肺の機能が活性化して効果的です。

中:「脾」が原因でむくむ
体の中に湿気が入ったとき、まず弱るのが消化力です。消化吸収を預かる「脾」が弱ると、未消化物や余計な水分が体の中に溜まるため、代謝を妨げてしまいます。また、甘いものの食べすぎは湿気を生む原因となりますので、胃腸が弱い方は気をつけて召し上がってください。

下:「腎」が原因でむくむ
「腎」は、水分代謝を取りまとめている臓器で体全体の水分代謝に影響しています。膀胱の蛇口を管理している立場でもあり、弱ってうまく開かなくなると尿がちゃんと排出されずに水が溜まってしまい、特に下半身のむくみが重くなります。

毎年この時期に、体のむくみや重だるさに悩んでいる方は、ぜひそのまま放置せず、まずはむくみ方から「肺」、「脾」、「腎」の、どの部分が弱っているのかを知り、それに合わせた食材をとってみてください。体調管理をしっかりと行って、楽しい夏を過ごしましょう。

上:「肺」を活性化する食材
辛味のある食材:シソ、ショウガ、ネギ、カレー粉
苦味のある食材:セロリ、クレソンのような苦い葉物

中:「脾」を強くする食材
トウモロコシ、カボチャ、サツマイモなど、黄色系の食材
巡りをよくする食材:オレンジ、レモンなどの柑橘系、ピーマン
消化力を良くして、余分な水分を出す食材:ハトムギ、タイ、スズキ、グリーンピース

下:「腎」を強くする食材
黒豆、黒ゴマなどの黒い食べ物、小豆、タイ、くるみ

◆その他、湿気を出す食材:ハトムギ、トウガン


<今月のレシピ>
鯛のソテー グリンピースとピーマンのピュレ はと麦添え

鯛のソテーグリンピースとピーマンのピュレ-はと麦添え

(4人分)
鯛 4切れ
塩コショウ 少々
オリーブオイル 大1~2

(グリンピースとピーマンのピュレ)
グリンピース 80g
ピーマン 30g
玉ねぎ 30g
水 150cc
コンソメ 小 1/2
塩コショウ 少々
タイム 1~2枝
豆乳生クリーム 大 1/2
オリーブオイル 大 1/2

(トッピング)
レモン皮 1/2個分
はと麦 大2
抹茶 小1/2
オリーブオイル 大1.5

つくり方:
①はと麦を軽く洗い、20分ほど柔らかくなるまで茹でる。茹であがったらザルにあけて水気をとばしておく。
②グリンピースとピーマンのピュレを作る。ピーマンと玉ねぎをスライスし、小鍋にオリーブオイルをひいて玉ねぎを炒める。しんなりしたらピーマンとグリンピースをいれ、少し炒めたら水とコンソメ、塩コショウ、タイムを入れて軽く煮る。
③タイムを取り除き、ブレンダーにかけてなめらかにする。できればザルなどで漉すとさらに良い。
④③に生クリームを入れて混ぜて完成。
⑤オリーブオイルと抹茶を混ぜ、そこに茹でたはと麦を入れて混ぜる。レモンは皮を擦っておく。
⑥鯛に塩コショウし、フライパンにオリーブオイルをひいて両面ソテーし、バットに移しておく。
⑦お皿にピュレをひき、その上に鯛を乗せる。ピュレの上にはと麦、レモン皮を添えて、抹茶オイルを垂らして完成。

【セラピーポイント】
鯛・・・胃腸機能を整える 消化力向上 腎の足りない力を補う
はと麦・・・消化器官を整え、湿邪を排出 排膿
グリンピース・・・消化力を上げ、気を補う 胃の機能を健やかに保つ 湿邪を尿として排出
ピーマン・・・気のめぐりを整え、停滞を解消 未消化物の解消
タイム・・・消化器官を温め調える

Copyright (C) SAKAI CORPORATION


◆坂井美穂さんが直接指導する「フレンチ薬膳料理教室」開講中!
<8月スケジュール>
11時~14時 9日、18日、19日、21日、23日、25日、
19時~21時半 29日
場所:フレンチ薬膳シェルヴサカイ
東京都港区麻布十番1-3-9 TBC麻布303
(最寄駅 都営大江戸線・東京メトロ南北線 麻布十番)

詳細は下記からご確認ください。
HP  http://www.french-yakuzen.com/
予約ページ http://www.french-yakuzen.com/school/


坂井美穂プロフィール

2006年拠点を日本からパリに移し、モデルとしてパリコレクションなどのショーを中心に活動。
現在は麻布十番でフレンチ薬膳を提案しながら、身体の内から溢れる美しさや健康を追求した様々なサービスを展開。
料理教室やレストランとのコラボレーションイベント・数多くのレシピ提供・商品開発に携わる。
テレビ出演等のメディア活動も精力的に展開中。

昨年11月7日に「血めぐり薬膳」(A&F出版)を発売。

資格
国際薬膳調理師
パーソナルカラリスト

講師
東京健康科学専門学校 非常勤講師
国際食学協会 特別講師

デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram