MENU CLOSE

第9回「中医学の視点から考えるダイエット」

国際薬膳調理師、フレンチ薬膳主宰の坂井美穂です。

今年も折り返しを迎え、気温がぐんぐんと上がってきました。薄着のシーズンになると体型が気になる、本格的な夏に向けて今からダイエットを始めたい、という方もいるのではないでしょうか。私もモデル時代には、体型を維持せねばならないという職業柄、かなりダイエットには悩まされていました。

中医学では、体が太る原因は、消化吸収を預かる「脾(ひ)」の失調が原因とされます。「脾」が弱り消化力や胃腸の働きが低下すると、食べたものを全部、消化吸収することができなくなってしまいます。そうすると、体の中に未消化物が留まることになり、これが脂肪の原因となります。またこの時、未消化物から出てくる湿気が体内の巡りを阻害し、全身の重だるさや、むくみといった症状もあらわれます。
暑いからといって冷たいものを食べると消化力が弱り、食べ過ぎてすべてを受け止めきれなくなってしまうと「脾」が弱ってしまいます。消化力を上げる、サポートするような食べ物をとるよう心がけましょう。

最近では、腸内環境を整える「腸活」という言葉も話題になっていますが、そもそも、食べたものを胃で受け止めて消化吸収できないと、腸まで下ろすことができません。胃と腸はセットにして考えましょう。口から入った食べ物を便として出すために、胃の力はとても大切なのです。それには、胃腸の活動を良くし、未消化物を解消する食材を食べることが必要です。

さらに細かく見ていくと、肥満にはその原因によって2つのタイプがあります。

①食べすぎていないのに太ってしまう人
食べたものを捌ききれていない、消化する力が弱く、体に溜まっている状態です。症状として、基本的にむくんでいる、体力がない、便が緩い、疲れやすい、などが挙げられます。

②ストレスで食べすぎて太ってしまう人
精神的なストレスによって、胃に熱や火がある状態で、食べてもすぐにおなかが空いてしまいます。

一般的にダイエットによいといわれる食べ物でも、体質によっては逆効果の場合もあります。例えば、夏でもカーディガンが手放せないような体の冷えている人が、毎朝起きてすぐに冷たいサラダやスムージーを摂ると、さらに体が冷えて、消化力が弱り、痩せにくくなってしまいます。冷えていると感じたら、具沢山の温かい味噌汁を飲みましょう。体質に合わせて食べるものを選ぶことはとても大切です。

また、無理な糖質制限をしている方もいますが、炭水化物も適度に食べましょう。食事の前には、ダイコンおろしやキャベツなどを食べて、受け止める力をつけてから炭水化物を食べるよう心がけてください。消化をサポートするものも一緒に食べて、消化力を弱めないことです。

中医学にはカロリーという概念がありません。例えば、AさんとBさんで同じカロリーのものを食べても、受け止める力はそれぞれ異なります。自分にあったものを適切な時間に、適量を食べること。バランスよく食べて、代謝のいい体を目指しましょう。結果的にそれがダイエットにつながります。

◆胃腸の活動を良くする、消化をサポートする食材
麹、オクラ、カブ、パクチー、ダイコン、パセリ、キウイフルーツ、オレンジ

◆体の中の余計な湿気やむくみ「痰湿(たんしつ)」を取り除く食材
タマネギ、ユズなどの柑橘類、海藻類

◆消化機能を健やかにする食材
アルファルファ、クミン、オレンジ、サツマイモ、ヤマイモ、ブロッコリー、キャベツ、リンゴ

◆太るタイプ別おすすめ食材
①食べすぎてないのに太ってしまう人に、消化力を上げる食材
キンカン、ユズ、海藻類、甘酒、ニンジン、トウモロコシ、バジル、黒豆、トウガン、モモ、シイタケ

②ストレスで食べすぎて太ってしまう人におすすめの食材
キクの花茶、カモミールティー、ジャスミンティー、トマト、オレンジ、クレソン、セロリ、ゴーヤーなど苦めの野菜、アサリ、シジミの味噌汁、トマトスープ


<今月のレシピ>
◆トウモロコシと甘酒の冷製ポタージュ 山椒の香り

(4人分)
トウモロコシ 正味190g
タマネギ 25g
セロリ 35g
水 200cc
豆乳 50cc
塩 少々
コショウ 少々
コンソメ 小1
甘酒(無加糖)80cc

トッピング
豆乳生クリーム
山椒

つくり方:
①トウモロコシは下茹でし、実をほぐす。(缶詰で代用可)。タマネギは皮を剥きスライス、セロリもスライスする。
②鍋にオリーブオイルをひき、タマネギを炒める。しんなりしたらセロリを入れ軽く炒めたら水、コンソメを入れて蓋をして軽く煮る。
③柔らかくなったら粗熱を取り、甘酒を入れてミキサーにかけてなめらかにする。
④鍋に戻し入れ、豆乳を入れ、塩コショウで味を調えたら器によそい、山椒やクリームで飾り完成。

【セラピーポイント】
トウモロコシ・・・胃や消化器官の活動を健やかにし、湿邪を尿として排出する
甘酒・・・元気や体に必要な水分を生み出す
血の巡りを良くする
山椒・・・消化器官を温め、働きを高める
胸のつかえやお腹の冷えに効果
むくみを解消する

Copyright (C) SAKAI CORPORATION


坂井美穂プロフィール

2006年拠点を日本からパリに移し、モデルとしてパリコレクションなどのショーを中心に活動。
現在は麻布十番でフレンチ薬膳を提案しながら、身体の内から溢れる美しさや健康を追求した様々なサービスを展開。
料理教室やレストランとのコラボレーションイベント・数多くのレシピ提供・商品開発に携わる。
テレビ出演等のメディア活動も精力的に展開中。

昨年11月7日に「血めぐり薬膳」(A&F出版)を発売。

資格
国際薬膳調理師
パーソナルカラリスト

講師
東京健康科学専門学校 非常勤講師
国際食学協会 特別講師

デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram