MENU CLOSE

特集企画連動レシピ プライムハンガーステーキレモンバター(ハンギングテンダーのステーキ)

 


(シェフズトーク)

ハンギングテンダーとは、牛肉の横隔膜の部分のことで、焼き肉でお馴染みのハラミ肉もそのひとつとされます。ハラミ肉は程良いクセのある風味が特徴なので、しっかりとしたタンニンを感じさせてくれる「前田龍珠園」の赤ワインとの相性は抜群。赤ワインとお肉、それぞれが織りなす“おいしさの世界”を、純粋に楽しんでいただける一品です。(ラボレストラン「デリシャスタイム」 料理長 菊地宏佳)


【材料(一人分)】
牛ハラミ肉 180g
※牛ハラミ肉が手に入らない場合は、スーパーマーケットで買いやすい「牛モモ肉」や「赤身肉」を用意してください。
塩 適量
黒コショウ 適量
レモン(輪切り) 3枚
バター 10g

★肉の下ごしらえに必要な材料
ハーブオイル
 オリーブオイル 100cc
 ニンニクスライス 1/3片
 ローリエ 1/2枚
 タイム 1本

【つくり方】
① まずは肉をやわらかくするための下ごしらえから。牛ハラミ肉をハーブオイルに10時間以上浸けておく。ハーブオイルがない場合は、フリーザーバッグに肉、すり下したタマネギを入れ、30分~60分マリネする。

② 肉は焼く30分前に常温に戻しておく(こうすることで、焼きムラを防ぐことができる)。
肉の両面に塩、黒コショウを振っておく。

③ フライパンを熱し、中~強火で②を焼く(タマネギのすり下ろしで下ごしらえをした場
合は、油をフライパンに少量ひいてから焼く)。肉に焼き色が付いたらひっくり返し、もう片面を弱火で焼く。

④ ③の表面に赤い汁がうっすらと浮いてきたら、ミディアムレアに焼き上がっているとい
うサイン。肉をフライパンから引き上げ、皿に移す。

⑤ ④を焼いた時間の分だけ寝かせる。こうすることで、肉がしっとりとした食感になる。
※時間のめやすは5分くらい。

肉を寝かせる場合は、なるべく温かい場所で。さらに蓋をしておくと保温になるのでおすすめ。

⑥ ⑤を食べやすいサイズに切り皿に盛り付け、レモンの輪切り、バターを添えたら完成。
お好みでパセリを散らしても。


デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram