MENU CLOSE

特集企画連動レシピ アサリとホンビノス貝と緑野菜の白ワイン蒸し

 


(シェフズトーク)

「前田龍珠園」の白ワインで、この季節に旬を迎える貝類、野菜を蒸したメニューです。しっかりとしたミネラル感のあるこちらのワインと、たっぷりと染み出た貝のエキスでつくるソースは絶品! ぜひ、冷えた白ワインと合わせてどうぞ。(ラボレストラン「デリシャスタイム」 料理長 菊地宏佳)


【材料(一人分)】
アサリ(砂抜き済み)100g
※こちらのレシピでは、家庭で消費しやすく、アサリのうま味成分も引き出しやすい、砂抜きしたアサリを冷凍したものを使用しています。
ホンビノス貝 2個
春の緑野菜各種(菜の花2束、スナップエンドウ1本、芽キャベツ1個、グリーンアスパラガス1本)
白ワイン 200cc
ニンニク 半片
バター 30g

【つくり方】
① 貝類をよく洗う。野菜も洗う。スナップエンドウは筋を取る。グリーンアスパラガスは
根元のかたい部分を切り落とし、下の皮の部分をピーラーでむいて、食べやすい大きさに切る。

② 鍋に刻んだニンニク、貝類、白ワインを入れ、蓋をして強火にかけ蒸す。時間のめやす
は1分くらい。

注意:鍋にアルコールが入った状態で強火にかけた場合、その場で蓋を開けないようにして
ください。アルコールの気化によって、鍋に火がついてしまうことがあります。蓋を開ける際は、必ず火からずらした場所で行うようにしてください。

③ 火からずらした場所で②の蓋を開け確認。汁がぐつぐつと沸いていたら、再び蓋をし
て弱火にかけ、さらに蒸す。時間のめやすは5分くらい。

④ ③の蓋を開け確認。貝の口が少しずつ開いてきたら、野菜をすべて入れる。蓋をし、さらに弱火のまま蒸す。
※鍋の汁気(水分)が減っていたら、水やお湯を少々足してもOK。

⑤ ④を随時、確認。完全に口が開いた貝は、先に皿に取り出しておく(身がかたくなって
しまうため)。野菜もやわらかくなりすぎていない段階で取り出しておく。

⑥ ⑤から貝、野菜を全て取り出したら、残った汁でソースをつくる。⑤にバターを入れ弱
火にかける。鍋をゆすりながら、とろみをつける。バターが全て溶けたら火を止める。

⑦ 皿に貝、野菜を盛り付け、上から⑥のソースをたっぷりかける。お好みでバケットを添
えても。


デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram