MENU CLOSE

特集企画連動レシピ なんとポーク 肩ロースのグリル


(シェフズトーク)
なんとポークの上品な旨味を堪能できるレシピ。肉自体のポテンシャルが高いので、味付けはシンプルに。焼いたあとの肉を寝かせるなど、ちょっとした調理の工夫を加え、なんとポークのおいしさを最大限に引き出しました。(ラボレストラン「デリシャスタイム」 料理長 菊地宏佳)


【材料】
材料(1人分)

なんとポーク 肩ロース 1枚(120g 厚さは約1㎝程度のものを使用)
塩 ひとつまみ
白コショウ 適量
オリーブオイル 少々
お好みのハーブや野菜 適量  ※このレシピでは「セルバチコ」を使用
レモン(くし形切り) 1/4個

【調理工程】
つくり方
※あらかじめ肉を冷蔵庫から出して常温に戻しておくと、焼きムラを防ぐことができます。

① まずは、肉の下処理から。肉の筋を切っておく。

ポイント:赤身と脂身の境目(筋)を2、3か所切っておくことで、焼いた際の肉の縮みや、そり返りを防ぐことができる。

② ①の両面に、塩と白コショウをふりかける。さらに、焼いた際に肉がグリルパンにくっつかないよう、オリーブオイルを少量ふりかけておく。

ポイント:香りや味が黒コショウよりも控え目な白コショウを使うのは、なんとポークの繊細な旨味を、より生かすため。

③ グリルパンを熱し、②を焼き始める。中火~強火で、まずは片面から1、2分焼く。

ポイント:火が通りにくい脂身の部分は、トングや箸などで軽く押さえながら焼くと良い。

④ ③の表面に赤い汁が浮いてきたら、肉をひっくり返して蓋をし、弱火で1、2分蒸し焼きにする。

⑤ ④の肉をグリルパンから皿に移し、2~4分ほど寝かせる。

ポイント:焼いた時間の分だけ肉を寝かせると、しっとりとした食感になる。グリルにした肉をおいしく食べるコツ。

⑥ ⑤の肉を寝かせている間に、付け合わせの準備。お好みのハーブや野菜、カットしたレモンを用意し、皿にのせておく。

⑦ 肉を食べやすいサイズに切り、⑥に乗せたら完成。


★グリルパンがない場合は、フライパンでもOK!
こちらのレシピは、フライパンでもつくることができます。フライパンを使用する場合は、肉の焦げ付きを防止するため、中火で焼いてください。また、焼いている間は肉の脂が多く出てくるため、キッチンペーパーで脂を吸い取りながら焼くのがポイントです。
そのほかのつくり方は、グリルパンの場合と同様です。


デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram