MENU CLOSE

坂井美穂の近著にちなんだ “血めぐり” アンチエイジングイベント 開催

【イベントレポート】
食・美・医のコラボ企画第3弾! “血めぐり”アンチエイジングイベントat PATINASTELLA

■日時:2017年12月10日(日)12:00-
■会場:PATINASTELLA (東京都渋谷区神山町11-15神山フォレスト1F)

本ウェブサイトの連載コラムでもおなじみの国際薬膳調理師、フレンチ薬膳主宰の坂井美穂氏も出演したイベント「食・美・医のコラボ企画第3弾 クリスマス特別企画 “血めぐり”アンチエイジンイベントat PATINASTELLA VOL.3」が、12月10日に行われた。

これは坂井美穂氏のほか、イタリア、ミラノで開催されたベジタリアン料理世界大会“ザ・ベジタリアンチャンス2017”でTOP8 シェフを受賞した杉浦仁志氏、世界の薬草と療法を取り入れたトリートメントを行うナチュラルスピリット(東京・原宿)のオーナー、渡辺太紀乃氏の3人によるコラボイベントで、毎回キャンセル待ちが出るほどの大好評企画第3弾。
その舞台となる会場は杉浦氏がエグゼクティブ・シェフをつとめる、渋谷の隠れ家レストランPATINASTELLA(パティナステラ)だ。

今回も満席となったこのランチイベントは、坂井氏の講演からスタート。
「薬膳とは、自然の力を最大限に引き出し、それをいただくこと」という薬膳の基礎知識にはじまり、今回のテーマでもある「血」について中医学的な観点から解説。その後、スライドを使って出席者の「血めぐり」に関する体質チェックを行う。本サイトでも紹介している、血虚(けっきょ)、瘀血(おけつ)、気滞(きたい)、気虚(ききょ)という4つのタイプのうち、自分がどれに当てはまるのかを知った出席者たちは、「うん、うん」と頷いたり、ため息をついたりと、さまざまなリアクションをしながら、興味深げに聞き入っていた。「これからは、自分の体質を知って、食材を選びとる力が必要」と語る坂井氏は、講演の最後には「毎日かんたん薬膳」として、手軽にとり入れられる、血めぐりをサポートする食材の数々を紹介して締めくくった。

講演終了とほぼ同時に杉浦氏が手掛けた薬膳レシピによる料理が運ばれてくる。あいさつに立った杉浦氏は「今回はこの“教科書”を参考にして、つくりました」と坂井氏の近著『血めぐり薬膳』を示し、会場の笑いを誘う。

「ローストしたトマトとイワシのソテー アサリとバジルのソース」、「フォンデュータを練り込んだ ビーツのトルテッリ」と、目にも華やかな杉浦氏の料理に出席者は舌鼓を打つ。

「こんなにきれいで、本当においしくて。それでアンチエイジングや美肌にもいいなんて」と、目を丸くする女性の出席者も。

やがて杉浦氏が本日のメインディッシュ「藁で蒸し焼きにしたローストビーフ ナチュラルスピリットのハーブ塩と共に」を紹介。女性スタッフが、藁の香りが漂うローストビーフを鍋ごと会場に運んでくると、”インスタ映え“する1枚をゲットしようと多くの出席者たちが、女性スタッフを取り囲み、鍋の中のローストビーフをカメラに収めていた。

贅沢な“血めぐり”ランチコースを食べ終わった頃、「ボジョレーヴィラージュ・ヌーヴォー」や「ハーブティー」、書籍『血めぐり薬膳』といった3主催者からのプレゼントが当たる抽選会も行われ、会場は大いに盛り上がったままクロージングを迎えた。

PATINASTELLA http://patinastella.com/sp/index.php
フレンチ薬膳 http://sakaicorporation.com/
ナチュラルスピリットhttp://natural-sp.net

デリシャスタイムのレストランプロジェクト

ピックアップ

Instagram